Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>太古から、人は天を見上げて生きてきた
太古から、人は天を見上げて生きてきた

太古から、人は天を見上げて生きてきた。

昼は太陽、夜は星、それらの移ろいから"時"という概念を獲得し、日食や月蝕からは吉凶を感じてきた。

時を経て、やがて人はその天空を自由に飛翔できるようになった。

空にあるもの、見上げられるもの、それは古くから特別なもので、だから人はそれを畏怖したりそれに惹かれたりもしてきたのだが、だから…もしかしたらパイロット・ウォッチというのは、他の時計よりも何か特別な神々しいものを、そこに内包しているのかもしれないとか、ふと思った。



前ページ: オーデマ ピゲロイヤルオークオートマティック
次ページ: スイスで唯一の2020年のマルチブランド時計イベント