Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>重ねたテンワが共振することを確認するプロトタイプ
重ねたテンワが共振することを確認するプロトタイプ

テンワの共振が同じ方向(同相)になるか、逆の方向(逆相)になるかは「初期状態に依存」するそうで、止まって巻き上げる度に「新しい見方」を提供するとされています。

振動数は6振動/秒、21,600振動/時で、パワーリザーブは65時間、パワーリザーブの全域で共振状態を維持し同期するとされています。


最内周トゥールビヨンケージとテンワはわずか0.6g、162部品で構成され、60秒で1回転します。

中間トゥールビヨンケージは2.8g、文字盤に平行な水平軸を中心として6分で1回転します。

最外周クレードルは文字盤に垂直な垂直軸を中心として30分で1回転します。

システム全体での部品数は371部品です。



前ページ: ボヴェ「リサイタル 26 ブレインストーム チャプター ワン」
次ページ: バランス調整を行っている共振ユニット部分