Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>ジャガー・ルクルト/長期間にわたる厳格なるテストを課し
ジャガー・ルクルト/長期間にわたる厳格なるテストを課し

1992年、ジャガー・ルクルトの技術者らは、当時もっとも信頼性が高かった自社製Cal.889を搭載した新しい丸型時計の性能を実証したいと願った。そして製品として完成した状態で、6姿勢差での歩度検査、腕の動きに似た往復運動による耐久試験などを計1000時間にわたって行う独自の1000時間コントロールテストを制定。かつてない過酷な検査に見事に合格したその新作は、テストにちなみ「マスター・コントロール」と名付けられた。


まず3針に始まり、その後ムーンフェイズやクロノグラフといった機構が追加されても1000時間のテストを課し、精度と耐久性とを保証することで、マスター・コントロールは現在に続く息の長いコレクションとなった。またドーフィン型針と楔型植字インデックスが力強い印象を与えるクラシカルな外観も、歴代のモデルを踏襲。


上の「マスター・コントロール カレンダー」は、そのスタイルを受け継ぎながら、楔型インデックスをわずかに伸ばして時針との調和を図り、アラビア数字をスリムに洗練した新作である。さらにポインターデイト機構を革新。15日と16日の間隔を広くあけ、針がムーンフェイズを隠さぬよう大きくジャンプする設計としたのだ。クラシカルな外観に、先進のメカが潜む。



前ページ: パルミジャーニ・フルリエ/神の手を持つ天才時計師が生み出す
次ページ: カルティエ/自由を愛した伊達男の時計は