Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>クォーツ時計について詳しく説明するために、色付きメガネを捨てます
クォーツ時計について詳しく説明するために、色付きメガネを捨てます

前回のエピソードでは、1970年代に世界の時計業界をほぼ破壊した「クォーツ革命」が、時計を高級品から安価なマイクロエレクトロニクス製品に変えたと述べました。伝統的なスイスの時計製造業界はクオーツ時計を嫌っていますが、それは確かにタイミングと実用性の観点から大きな革命です。前回は主にネチズンが気になるクオーツ時計の常識問題についてお話しましたが、今回は技術的な観点からクオーツ時計を詳しく分析していきます。


       まず、電子時計の開発過程とそれぞれの特徴についてお話しますが、水晶時計の開発過程は5世代に分かれると思います。初代はヒゲゼンマイ型の電子時計で、主に半導体時計の形で登場しました。1970年代から1980年代にかけて一般的になりましたが、そのような時計は比較的珍しいものでした。三極スイッチ回路は電磁変換を実行します。ヒゲゼンマイ発振器が引き続き使用され、周波​​数は機械式時計と同じ、2.5 Hz、18,000回/時間です。タイマーには多くの部品があり、時刻の精度は大幅に向上していません。



前ページ: タグ・ホイヤーキャリバー12オートマティッククロノグラフ
次ページ: Topfy Watchレクチャーホールピアジェクラシックエキセントリックフライングトゥールビヨン