Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>東芝は将来的に、またはスマートウォッチ向けに小型のeMMCを発売
東芝は将来的に、またはスマートウォッチ向けに小型のeMMCを発売

MWCに展示されている製品を見ると、折り畳み式の携帯電話に加えて、よりコンパクトなウェアラブルデバイスも注目されています。 東芝はMWCでフラッシュメモリを展示していませんでしたが、Webサイトでより小さなeMMC 5.1の発売を発表しました。


東芝のJEDEC eMMC 5.1フラッシュメモリは、サイズが小さく、ストレージ容量が大きく、消費電力が少ないという特徴を持つBiCSフラッシュ粒子を使用しています。 これらの特性により、フラッシュメモリはスマートフォンやスマートウォッチなどのモバイルデバイスに非常に適しています。


東芝は16GB、32GB、64GB、128GBの4つの容量を提供していますが、パフォーマンスデータは発表されていません。 出荷時間に関しては、4種類すべてのフラッシュメモリを2019年の第3四半期に出荷できます。


編集者のコメント:スマートデバイスはどんどん小さくなり、内部スペースはますます貴重になっています。 コアチップは、より高度な製造プロセスを使用して、チップサイズを縮小し、消費電力を削減します。 同じ考え方がフラッシュメモリにも当てはまります。 eMMC 5.1の速度は平均ですが、モバイルデバイスの場合、サイズを小さくし、消費電力を抑えることが重要です。



前ページ: ヴァシュロン・コンスタンタンが世界で75個限定の新しいプラチナコレクションウォッチを発表
次ページ: 新しいApple Watchの需要は非常に高く、メインの組立工場は生産量がいっぱいです