Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>スイス伝統の時計づくりとイタリアの革新性が融合
スイス伝統の時計づくりとイタリアの革新性が融合

時=timeをタイトルに入れた名曲は多い。そのなかに、アメリカのフォークシンガー、ジム・クロウチの曲で『タイム・イン・ア・ボトル』がある。長い下積みを経て人気シンガーになりながら、不慮の飛行機事故に遭い、他界後、この曲は全米NO.1に輝き、日本でも大ヒットになった。アコースティックギターによるアルペジオがロマンティックに流れ、タイトル通り「永遠の時が終わるまで、日々の時間を瓶に閉じ込めよう」と歌う。


ブルガリのジェラルド ジェンタ トゥールビヨンを初めて見たとき、すぐに思い浮かんだのはこの曲だ。スケルトン加工のトゥールビヨンの複雑機構は、どうやって針を動かしているのかわからないほど驚きの構造。特製ピラーで外側から固定していると聞くが、浮かんで見えるこの構造は、まるで時を閉じ込めているかのようだ。


モデル名にある「ジェラルド ジェンタ」は、数々の傑作を生み出した天才時計デザイナーの名前。自身の名を冠した時計を発表していたが、2000年にブルガリグループの傘下となり、その名前が「ブルガリ」の時計に引き継がれた。この時計は天才による自由度の高い発想と、イタリアの革新的な創造性の賜物が成し得たモデルといえる。



前ページ: 【Fluid Lab Experience(フリュイドラボエクスペリエンス)】実施要項
次ページ: 時計の中にもうひとつの地球を見る