Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>エル・プリメロ再誕の地、屋根裏部屋へ
エル・プリメロ再誕の地、屋根裏部屋へ

シャルル・ベルモは、クロノグラフムーブメントの製造を専門としていた、かつての技術者。世界で初めて一体型の自動巻きクロノグラフにして、毎時3万6000振動というハイビートも実現した1969年発表のエル・プリメロCal.3019PCHの開発に、原案から携わった人物です。


「ゼニスは、1970年代からのクオーツ時計の台頭によって経営難となり、アメリカ企業に買収されました。それだけでなく、1975年にはクオーツ時計の製造に専念し、機械式時計に関するものはすべて手放すように命ぜられたのです。この決定に人知れず逆らったのが、シャルル・ベルモでした。彼は、エル・プリメロに関する工具や図面、金型を夜な夜な弟と二人で屋根裏部屋へ運び込み、それを隠したのです」



前ページ: 彼は来た、あなたの目を閉じないでください、フオ・ジアンファの顔を爆破しました
次ページ: 約250のパーツからなる革新設計の高精度ムーブメント