Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>オーデマ ピゲがGPHG 2019(ジュネーブウォッチグランプリ)で
オーデマ ピゲがGPHG 2019(ジュネーブウォッチグランプリ)で

2019年11月7日にジュネーブで開催された第19回GPHGにおいて、オーデマ ピゲのロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シンがGPHG「金の針賞」を受賞しました。また、マニュファクチュールの技術的、審美的な複雑性に対する評価は、ロイヤル オーク「ジャンボ」エクストラ シンとCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ ミニッツリピーター スーパーソヌリでも各賞を受賞するという形で結実しました。


 テアトル・デュ・レマンで行われたGPHGの受賞式には数多くのオートオルロジュリー愛好家が集まり、登壇したオーデマ ピゲのCEOフランソワ-アンリ・ベナミアスが、世界各国からノミネートされた84本のタイムピースによって繰り広げられた特別なロードショーのフィナーレを飾りました。


 授賞式を締めくくるGPHGの“金の針賞”は、全カテゴリーを通じて最優秀とされる時計に贈られ、今年初めに発表されたマニュファクチュールの最新の技術的マイルストーンとなるモデル、ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シンに贈られた賞がフランソワ-アンリ・ベナミアスに手渡されました。ムーブメントの厚さが2.89ミリ、ケースの厚さはわずか6.3ミリのロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー ウルトラ シンは、世界最薄の自動巻きのパーペチュアルカレンダーを搭載した腕時計です。


 この薄さを実現するために、通常は三層構造のパーペチュアルカレンダー機能が一層構造へと統合され、さらに2つの特許を取得したイノベーションとつながりました。月末のカムは曜日の歯車に、そして月のカムは月の歯車に、それぞれ組み込まれています。各部品の形状は、調整や組み立て時間が軽減されるよう最適化されています。



前ページ: デザインの差別化もすることが難しくなっています
次ページ: ブラックスティールモデルはケースにはDLC加工を施し