Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>これまでのラインナップにはないカジュアルなフェイスが新鮮
これまでのラインナップにはないカジュアルなフェイスが新鮮

カール F. ブヘラは、1940年代頃からクロノグラフを本格的に製造をはじめ、1960年代から1970年代までに多くの名作を世に送り出してきました。今回、発表となった新作は、その当時の時代に作ってきたスーパーコピー時計にインスピレーションを得たものとなります。

 

現行のマネロ フライバックは、特に人気のあるブルーグレーのダイアルを筆頭に、エレガントで上質なデザインが特徴。スイス・ルツェルンで作られたキャリバーCFB 1970を搭載し、シースルーバックからはブルーカラーに処理された伝統パーツ「コラムホイール」をはじめ、クロノグラフの動作を司るメカニズムを堪能できます。このキャリバーには、「フライバック」機構が組み込まれているので、再計測がワンプッシュで瞬時に行えます。


一方、最新作となるマネロ フライバックでは、ブラックのダイアルにシルバーのインダイアルを組み合わせが目を引きます。ここに繊細な赤のアクセントカラーを加えることで、レトロシックなフェイスに程よいカジュアル感を生み出しています。



前ページ: いま注目のスタイル 洗練を極めたブラック・ランゲ
次ページ: クオリティを高めながらDNAをより強化していきます