Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>ジュウ渓谷の自然をブーステーマとし、自らの原点に帰る
ジュウ渓谷の自然をブーステーマとし、自らの原点に帰る

コンプリケーションを得意とする多くのブランドがアトリエを構えるスイスのジュウ渓谷。この地を代表するマニュファクチュール、ジャガー・ルクルトが2019年のSIHHで発表したのは、進化したムーブメントを搭載した3つのブルーエナメルダイアルを持つ「マスター コレクション」でした。また、レベルソからもトリビュートのゴールドモデルで初のモノフェイスが登場。さらに、3軸トゥールビヨンの最新版なども披露するなど、定番から複雑系までバランスのとれた技術成果の公開により、マニュファクチュールメゾンの原点を改めて世に示しました。



前ページ: 40歳の男性は自分のステータスを示すためにどの時計を着用しますか?
次ページ: 職人が情熱を注いで完成させる希少なスケルトンウオッチ