Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>誕生15周年を祝う新作はコストパフォーマンス高すぎな超高性能機
誕生15周年を祝う新作はコストパフォーマンス高すぎな超高性能機

機械式らしからぬタフさを実現した高精度な実用スーパーコピー時計を、手の届きやすい価格で提供するボール ウォッチ。なかでもエンジニア ハイドロカーボンは、ブランド独自のテクノロジーで卓越した性能を実現したモデルをラインナップし、高い人気を得るフラッグシップコレクションである。


 エンジニア ハイドロカーボンの初登場は2004年。シリーズ誕生15周年を迎え、アニバーサリーモデルを発表した。それが今回取り上げたエンジニア ハイドロカーボン オリジナルだ。


 まず注目は文字盤である。ボールのアイコン技術のひとつに、マイクロ・ガスライト夜光システムがある。これはトリチウムガスを真空のガラス管に密閉し、蛍光物質でコーティングされたガラス管の内壁とトリチウムの発する電子が作用して光を発するというものだ。


 蓄光ではなく、自ら発光するため、どんな環境でも常に正確な時刻を読み取れるという利点があるが、構造上、インデックスデザインはガラス管の形状により制限されていた。

 

だが、本作では2層式の文字盤を採用することで、これまでは表現できなかったドットやトライアングルなどのインデックスデザインが可能となったのである。



前ページ: ルミノックス創設30周年を記念した限定モデル
次ページ: 新しい時代に即した時計見本市のカタチとは?