Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>世界で初めて発表された自動巻きクロノグラフの革新性を21世紀へ
世界で初めて発表された自動巻きクロノグラフの革新性を21世紀へ

自動巻きクロノグラフの開発競争が激化した1969年、ゼニスはいち早く1月に「エル・プリメロ」(世界初のクロノグラフ専用自動巻きムーブメントを搭載)を発表したが、発売開始したのは同年秋だった。当初から毎時3万6000振動というハイビートを売りにしたものの、クオーツに押されて製造は一時中止に。しかし機械式時計に再び脚光があたったことで、1984年に再開されて現在の成功に至る。その凄まじい革新性を21世紀に伝えるのが、「デファイ エル・プ リメロ21」。機械式の最先端テクノロジーをアピールするべく、時計用とは別に毎時36万振動のクロノグラフ用脱進機を備えているのが特徴だ。



前ページ: 世界三大腕時計ブランド「オーデマ ピゲ」の新作
次ページ: AK-69は 「スケルトンX」について、以下のように語っています