Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>正確無比として多くの鉄道員が使った鉄道時計へのオマージュ
正確無比として多くの鉄道員が使った鉄道時計へのオマージュ

鉄道の安全運行に欠かせない時間管理を担う鉄道時計には、精度とともに高い視認性と堅牢性が求められた。1929年、外国製品に替わり、セイコーの機械式19型懐中時計「セイコーシャ」が国産として初めて鉄道時計の指定を受けたのだ。以来、クオーツへの変遷や機能の進化を遂げながら、セイコーの鉄道時計は現在も運転士の相棒として使われ続けている。


発売された「国産鉄道時計90周年記念限定モデル」は、「セイコーシャ」が国産鉄道時計として認められてから90周年を記念するもので、当時の雰囲気を再現した特別モデルである。イエローゴールドカラーに仕上げられたケースには、卒寿(90歳を迎えた人に対する長寿祝い)祝福の色とされるパープルの提げ紐を取り付け、裏蓋には記念文字とシリアルナンバーが刻印されている。



前ページ: エクシード エコ・ドライブ電波時計 ダイレクトフライト ペア
次ページ: 世界三大腕時計ブランド「オーデマ ピゲ」の新作