Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>そもそも、時間がわかる“時計という道具”はどういうもの?
そもそも、時間がわかる“時計という道具”はどういうもの?

きっと、この質問への回答は難しいはずです。なぜなら、この質問が、「時間がわかる道具」という内容以上の答えを求めているからです。


そこで今回は、皆さんが「時計とは何か」をスマートに説明できるようにすべく、“時計の本質”について説明します。そして同時に、“時計の本質”がわかるようになると、「クォーツ」「テンプ」「ヒゲゼンマイ」といった時計用語の意味がわかるようになります。是非、最後までご覧ください。


では、“時計の本質”を理解できるように説明します。そのためには、先の「そもそも、時間がわかる“時計という道具”はどういうもの?」という質問に答えることが近道です。


「“常に規則正しく動くもの”を用意し、その一定期間の動きを、我々の時間に当てはめて表示する道具」


少し説明をします。まず、きっと多くの方は、「常に規則正しく動くもの?」と疑問をもつでしょう。これは例えを出すとすぐわかるはずです。例えば、「振り子」や「メトロノーム」が、わかりやすい“常に規則正しく動くもの”だと思います。



前ページ: 最新作のため、当然「最新のデザイン・スペック」を持っている
次ページ: オメガコピー時計ステンレススティール&イエローゴールドの腕時計