Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>初代の意匠を再現し中身を進化させたトリビュートモデル
初代の意匠を再現し中身を進化させたトリビュートモデル

「セイコー アストロン」は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ「クオーツ アストロン」から名を受け継いでいる。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に継ぐ、「第二の革命」を起こすべく、2012年9月に誕生した世界初のGPS ソーラーウオッチだ。地球上のどこにいても簡単なボタン操作でGPS衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度の情報を取得することで現在地を特定し、すばやくその場所の正確な時刻を表示する。


クオーツ アストロン誕生から50年の節目を迎えたアニバーサリーイヤーの最後を飾るのは、オリジナルモデルに込められた意志や未来への期待を具現化した意匠をコンセプチャルに再現する特別なモデルとなった。18K イエローゴールド製のケースは、当時のシルエットを踏襲するだけでなく、オリジナルモデルと同じように熟達した宝飾加工職人の手業による特徴的な荒らし彫り模様が施されている。繊細さと雄々しさを兼ね備えた模様は円環を描き、50年の時を経て初志に立ち返り、新たな未来を切り拓こうとする<セイコー アストロン>の決意を象徴している。



前ページ: ドットやトライアングルのインデックスを可能にした二層式文字盤
次ページ: Antigoulen Hong KongオークションでのTengeweight時計