Noob人気検索 ロレックスコピーパネライコピーウブロコピー
ホーム >>ブランドトラブルでアップルは今年スイスで腕時計を販売できません。
ブランドトラブルでアップルは今年スイスで腕時計を販売できません。

今月24日、アップル腕時計は世界の多くの国と地域で発売されます。アップルの腕時計がもたらす衝撃の中で、腕時計メーカーのスイスのメーカーは、まず第一とされています。偶然にも、最近のスイスメディアの報道によると、歴史上の商標権紛争のため、アメリカのアップルは今年の年末までに、スイスでアップルの腕時計を販売できないかもしれません。これはスイスの腕時計を製造する業界で、より多くの緩衝時間を獲得し、アップルの腕時計による競争の脅威に対処することを意味します。

アップルは商標権の紛争で他の国での販売禁止令を受けたのはニュースではない。例えば、アップルは中国でタブレットの商標権に関する紛争があったが、最終的な紛争は和解された。

しかし、発売されるアップルの腕時計は2015年の最も重要な消費電子製品と言われています。スイス自体が腕時計製造大国であることから、このブランドのトラブルがマスコミの注目を集めています。

スイスのローカルメディアRTSによると、スイスの地元の腕時計メーカーLeonard Timepiecesは、他の会社がスイスで販売する腕時計や他の宝石類のアクセサリーに「アップル」という言葉を使うことを禁止する商標権を有している。

この商標権に関する同社の法律文書は、30年の有効期限後に今年12月5日に失効すると報道されています。

メディアの分析によると、スイスの比較的保守的な司法環境を考慮して、アメリカのアップルはこのブランドの権利に異議を申し立てにくく、今年中にスイスでアップル腕時計を販売するためだという。



前ページ: 価格は150ドルのアルタースマート腕時計で展開予定です。
次ページ: 袖の中に隠れている身分:トップ腕時計ブランドの練成を見てください。